消費者金融一覧

MENU

消費者金融を審査別金利・借入情報により一覧表にしました

消費者金融はどうしても金利表記の小さい数字にとらわれがちですが、金利の真の表記にを知らなければ高い金利を払うことになってしまいます。また審査は一度落ちると他のカードローンの審査にも不利になってきます。そういった総合の評価を一覧表にしましたので申込の参考にしてください。

消費者金融一覧から絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

編集部厳選!消費者金融一覧

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

誰にも知られず申込めるWEB完結も対応可能です!
消費者金融イチオシのプロミスはメリットが沢山あります。まず即日融資の手段が即日振込即日カード発行の二種類あること。即日振込の可能時間も平日14:00までにWEB契約完了が必要と長め。即日カード発行も契約完了すれば全国にある多数の自動契約機で可能です。
金利も大手消費者金融の中でも低く、初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)も利息軽減に大きく貢献します。もちろんアルバイト・パートでも安定収入があれば申込可能。
※WEB完結は希望に添えないことがあります。
※即日融資は申込の時間・曜日により当日融資不可能なことがあります。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

知名度では消費者金融ナンバーワンのアコムも即日融資の手段が即日振込即日カード発行の二種類あります。即日振込の可能時間も平日14:00までに契約完了と長め。即日カード発行も契約完了すれば全国にある多数のむじんくんで可能です。
最大30日金利ゼロサービスがあり利息軽減に大きく貢献します。もちろんアルバイト・パートでも安定収入があれば申込可能。消費者金融唯一のクレジットカード『アコムマスターカード』も人気です。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
SMBCモビット

SMBCモビットも知名度が高く、即日融資の手段が即日振込即日カード発行の二種類あります。即日振込の可能時間も平日14:50までに契約後に振込手続き完了と長めで即日カード発行も契約完了すれば全国にあるローン申込機で可能です。
大手消費者金融ですが無利息サービスがないのが残念。しかしアルバイト・パートでも安定収入があれば申込可能になっていますし、WEBのみで融資が完結するWEB完結も人気です。

(※申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

即日融資の得意な消費者金融のどこを選べばいいのか?

消費者金融のどこを選べば即日融資を受ける事ができるのかという問題は以下の2つのポイントで選んで決定します。

 

 

  • 自動契約機を持っている且つ設置台数が多い
  • ほとんどの金融機関に振込融資可能且つ可能時間が長い

この2つのポイントをしっかり確認しておかないと、審査に通ったのはいいが融資が翌日以降・・・ってなことになってしまいます。

 

自動契約機を持っている且つ設置台数が多い

融資を受ける方法としてローンカードによるキャッシングというものがあります。即日融資を受ける為にはそのローンカードをその日のうちに受け取らなければキャッシングができません。

 

郵送でローンカードを受け取っていては数日掛かってしまい、即日融資どころの話ではなくなってきます。ですのでその日のうちにローンカードを発行できる自動契約機が必要になってくるのです。

 

 

しかし、ただ自動契約機の設置があるだけではいけません。自宅や勤務先からとてもいけない場所にあるようではその日のうちに自動契約機まで行けない可能性もあります。


ですのでその自動契約機の設置台数も非常に重要になってくるのです。

 

大手消費者金融と銀行カードローンの自動契約機設置台数と利用時間
- 設置台数 平日営業時間 土曜営業時間 日曜営業時間
プロミス 1,700台(三井住友銀行ACM利用可能な為) 9:00〜22:00 9:00〜22:00 9:00〜22:00
アコム 1,109台 8:00〜22:00 8:00〜22:00 8:00〜22:00
SMBCモビット 350台+三井住友銀行ACMの台数 8:00〜21:00 8:00〜21:00 8:00〜21:00
三井住友銀行カードローン 1,370台 9:00〜21:00 9:00〜21:00 9:00〜21:00
三菱UFJ銀行カードローン 640台 9:00〜20:00 10:00〜18:00 10:00〜17:00

※各社自動契約機・ATMの営業時間は店舗により異なる場合があります。設置台数は平成28年現在。

ほとんどの金融機関に振込融資可能且つ可能時間が長い

融資を受け取る方法のもうひとつは振込融資を受けるということです。ほとんどの銀行カードローンの即日融資は自動契約機がないのでこの方法のみとなります。ですので即日融資には消費者金融が有利になってくるのです。

 

 

しかも即日振込融資では銀行カードローンのほとんどが自行口座のみの対応になっており、

 

 

平日の正午までに契約、振込手続きを済まさないといけないと言う時間・曜日制限付きです。


消費者金融なら即日振込をする口座を選びませんし、

 

 

平日午後2時までに契約を完了すれば即日振込可能になっています。


プロミスであればさらに、瞬フリサービスがあるので

 

 

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

いずれかの口座であれば登録する事により、24時間365日最短10秒で振込融資が可能です。


消費者金融の即日融資のメリットとデメリットについて

消費者金融といえば様々なサービスが用意されていることでも知られています。中でも最もよく知られているサービスといえるのが即日融資ではないでしょうか。これはその名の通り申し込んだその日のうちにお金を借りることができるというサービスであり、実際にお金が必要な側からすれば非常にスピーディーに融資が受けられるということでメリットが大きいといえます。

 

 

例えば銀行などでお金を借りる場合を考えると、実際にお金を受け取ることができるようになるまでにある程度の時間を必要とします。


 

そのため、消費者金融といえば急な出費に対応できるという理由から高い人気があるといえるでしょう。同時に、即日融資を受けるにあたって消費者金融で気をつけたい点といえるのが、「短期の利用」を前提としている点です。これは即日融資を行うことによって、消費者金融側にもメリットがあるという点なのですが、スピーディーに審査と融資を行うことによって効率よく顧客を運用させることが可能であるという点にあります。

 

長い期間にわたって少ない人数の顧客が利用をする場合に比べると、短期間中に多くの人が即日融資で利用してもらった方が何かと効率的だからです。もちろん長期間の利用をしてもらえればそれに越したことはありませんが、消費者金融業界を取り巻く環境を考えた場合になかなか難しいのが現状です。

 

 

このように、消費者金融の行う即日融資には利用する側と業者側にとってメリットが多いものとなっています。


とはいえ、全くデメリットがないというわけでもありません。消費者金融では専業主婦は申込めないと言うことと、特に気をつけたいのが金利という面です。現在では銀行カードローンでも専業主婦は申込めない状況になっていますので、デメリットとはいえないのかもしれません。

 

 

最近では消費者金融の中でも低金利のところが増えてきましたがそれでも銀行に比べるとやはり金利が高いというのが現状ではないでしょうか。気軽に早くお金を借りることができるのが消費者金融の特徴ではありますが、その後の返済についても改めて確認しておくことが大切です。

 

あまりに早くお金を借りることばかりを重視するあまり、その後の返済が大変になってしまわないように注意するためにこちらの厳選消費者金融一覧から選ぶようにしましょう。

無利息サービスで選ぶ消費者金融一覧

無利息サービスではプロミスが有利か!?

消費者金融には銀行カードローンにはないサービスが多数あります。その中の一つが無利息サービスです。編集部厳選!消費者金融一覧の中では二社。プロミス・アコムです。それぞれの無利息サービスの特徴は、

プロミス 初回の借入から30日無利息。ポイントを貯めるとまた無利息サービスを使えるようになる。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
アコム 契約の翌日から30日無利息。

すぐに利用するならどちらも変わらないですが、後日借入するならまるまる30日無利息期間の使えるプロミスですね。またポイントを貯めると無利息期間を利用できるのも要チェック!

 

特にプロミスの場合は初回の借入の翌日から無利息期間が始まりますので、

 

 

他社のように契約から借入までの日にちが経過してしまうと無利息期間が減ってしまうという事はありません。


 

>>編集部厳選!消費者金融一覧

高額融資で選ぶ消費者金融一覧

高額融資では銀行カードローンが有利

高額融資希望であれば消費者金融は銀行カードローンには敵わないでしょう。高額の借入希望で今すぐという需要もないでしょうから借りたい金額の適用金利を見てカードローンを選ぶのが一番です。

三井住友銀行カードローン
契約極度額 借入利率
100万円以下年12.0%〜14.5%
100万円超200万円以下年10.0%〜12.0%
200万円超300万円以下年8.0%〜10.0%
300万円超400万円以下年7.0%〜8.0%
400万円超500万円以下年6.0%〜7.0%
500万円超600万円以下年5.0%〜6.0%
600万円超700万円以下年4.5%〜5.0%
700万円超800万円以下年4.0%〜4.5%
イオン銀行カードローン
契約極度額 借入利率
30万円・40万円・50万円・60万円・70万円・80万円・90万円 13.80%
100万円・200万円 8.80%
300万円 7.80%
400万円・500万円・600万円 4.80%
700万円・800万円 3.80%

 

>>編集部厳選!消費者金融一覧

主婦でも申込める消費者金融一覧

主婦といってもカードローンに申込む際の主婦は二種類あります。

 

 

  • 収入のない専業主婦
  • パートなどで安定収入がある主婦

これには申込めるカードローンに大きな違いがあるので注意が必要です。

収入のない専業主婦

収入のない専業主婦は消費者金融で借りることは実質不可能

基本的に消費者金融等の貸金業者には総量規制がありますので、収入のない専業主婦は申し込む事ができません。しかし総量規制には配偶者貸付という例外規定があります。この配偶者貸付は、

 

 

収入のある配偶者と収入と借入を合算して総量規制の範囲であれば貸付できるという貸金業者に対する例外規定です。


例えば配偶者の年収が600万円あり、配偶者の貸金業者からの借入が50万円あったとします。専業主婦の収入はなしですから年収は合わせて600万円、貸金業者からの借入は50万円となります。

 

この場合総量規制により、消費者金融等の貸金業者の貸せる金額は200万円が上限ですから、ここから配偶者の既存借入を差し引いて150万円まで貸してもいいという貸金業者に対する例外規定です。

 

ただし、貸金業者がこの配偶者貸付をカードローンに適用するには、

 

 

  • 配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票など)
  • 配偶者の借入に対する同意書
  • 配偶者の収入証明書

以上の書類を申込む専業主婦から回収しなければなりません。これは配偶者に借入する事を相談しなければ用意できない書類なので、配偶者に内緒で借り入れることができないことになります。

 

 

こうなると、専業主婦のこの配偶者貸付に対する需要がなくなってしまいますので、配偶者貸付を適用している商品がないので実質消費者金融では借りれないのです。

以前は可能だった銀行カードローンでも専業主婦は申込不可能に

 

以前は銀行カードローンなら専業主婦でも申込込み可能だったのですが、自己破産者増加による金融庁の銀行カードローンの規制で申し込めなくなりました。


総量規制により消費者金融などの貸金業者の貸し過ぎが抑制されて、自己破産者数は年々減少していたのですが、今度は銀行カードローン貸し過ぎにより増加に至ってしまったのです。

 

 

ですので、

 

 

  • 収入のない専業主婦への貸し出しを規制
  • 多重債務になる借り換え・おまとめローンを規制
  • 即日融資を廃止
  • 審査基準を上げる(他社借入などの把握を強化)

以上の対策を取らざるを得なくなりましたので、専業主婦の申込を受けることができなくなりました。これにより専業主婦はカードローンの一切自身の申し込みはできなくなってしまいました

パートなどで安定収入がある主婦

パートなどで安定収入があれば総量規制の対象業者である消費者金融でも申し込みが可能です。パート収入を元に審査されますので、それ程多くは借りることはできませんが、

 

 

旦那さんに内緒で申し込む事ができます。


しかし銀行カードローンの方は、前述の通り審査基準を上げるという対策を取っていますので、収入の少ないパートでは審査には通りません。なので、

 

 

パート主婦が旦那さんに内緒で申込むのは無利息サービスのある大手消費者金融が最適になります。


消費者金融に申込む際に注意したいこと

住宅ローンを組むと消費者金融の審査に影響が出る?

貸金業である消費者金融からお金を借りる場合、

 

 

貸金業者は総量規制といって年収の3分の1以上のお金を貸すことは貸金業法上禁止されています。


住宅ローンは通常年収の5〜7倍の借入をすることが多いので一見すると総量規制に引っかかりそうな気もしますよね。しかしながら、

 

 

住宅ローンは住宅と土地を担保にとるローンなので無担保ローンが対象の総量規制では対象外となります。


一般的に総量規制の対象となるのは消費者金融のカードローンやクレジットのキャッシングなど無担保の商品となります。したがって、住宅ローンを組んでいてもその分は審査のときには外して考えます。

 

住宅ローンの有無そのものは審査上絶対的なものではありません。あくまで審査は総合的に判断されるので、有無そのものが問題なのではなく、

 

 

  • 返済負担率(年収に占める住宅ローンを含む他社への返済割合)が適切か?
  • また、過去および現在において住宅ローンの支払いで延滞があるかどうか?

が問題となります。


個人信用情報に傷があるかどうか厳しくチェックされるのです。

総量規制により信用情報機関への加入が義務付けられているので借入情報は把握されている

代表的な個人信用情報機関は

 

 

  • CIC(クレジット・信販系)
  • JICC(消費者金融系)
  • 全銀協(銀行系)

があり、サラ金などの貸金業を営む場合には基本的にJICCという機関に加盟しています。中には2機関以上に加盟している業者もあります。

 

 

JICCに加盟している機関すべてが申込情報から延滞情報までありとあらゆる情報を共有しています。住宅ローンは銀行から借りる場合が多いと思いますが、銀行は必ずしもJICCに加盟しているとは限りません。しかし、大手消費者金融は軒並み銀行の傘下にあることに加え、最近は

 

 

個人信用情報機関がCRINというネットワークを構築


しており、延滞情報は共有できるようになっています(CRINで全ての情報を共有できているわけではありません)。あくまで断片的な情報の共有ですが、延滞や破産などの情報は相互に把握できるようになっています。したがって、消費者金融でカードローンを作るなら最低限住宅ローンの延滞がないことが必須です。

 

数日の延滞であっても個人信用情報に傷がつく場合がありますから、不安であれば一度個人信用情報機関に自身の情報を開示請求して内容を確認した方が無難です。

 

 

審査のときに、仮に自分では偽りの情報を書いて申し込んだつもりがなくても個人信用情報の内容と食い違っていると嘘の情報だと見なされる恐れがありますので注意しましょう(ちなみに嘘の掲載をすると個人信用情報上、ネガティヴコメントとして掲載されてしまい、審査上圧倒的に不利になってしまいます)。

消費者金融アコムのCM

レイクは新生銀行の商品ですが、銀行カードローンの規制が入ったのでそのままではサービスに支障をきたすので、保証会社の消費者金融の新生フィナンシャルからレイクALSAとしてカードローンを出す事になりました。。

 

その後もアコムはCMでの「はじめてのアコム」路線を続け、あのフレーズがすぐに浮かんでくるという人も増えています。消費者金融に限らず、企業活動において「新規開拓」というものは非常に重要な要素です。特にほとんどの市場が飽和状態となっている昨今では、こうした

 

 

新規顧客の開拓というものは非常に困難な状態といえるかもしれません。


消費者金融がいかに手軽に利用できるキャッシングサービスを展開していても、そこにはどうしても「お金を借りる」という漠然とした不安がつきまといます。

 

そうした評判の中で高感度をアコムはどうして獲得してきたのか?

こうした不安に負けて結局キャッシングの申込を今までしてこなかったという「潜在的な顧客」を発掘するためには、その原因となるべき「不安」を解消することが、アコムにとってもスタートラインだったといえるかもしれません。

 

もちろんこうしたCMだけでアコムに足が向く、消費者金融ランキング上位に食い込む、そんな安易な世の中ではありませんが、社会的な知名度が上がるという意味では非常に大きな意味があるといえるでしょう。アコムは

 

 

消費者金融の中で初めて自動契約機を設置した業者


としても知られていますが、テレビCMの分野においても、女性タレントを起用した鏑矢となったと記憶されています。

 

 

「はじめてのアコム」というフレーズは多くの人が記憶されていることと思いますが、そのCMが放送されていたのはもう今から10年以上前の話というのはあまり知られていません。

 

芸能人が演じるアコムのオペレーターが、初めてキャッシングを利用したいという人に丁寧に対応していくという様子を描写したこのCMは、これまでの消費者金融に対するイメージを大きく覆すほどのインパクトを持っており、多くの人に好意的に受け取られました。消費者金融において、こうした好感度の高いテレビCMが作られるようになった背景には、当時の

 

 

小泉内閣における規制緩和などが少なからず影響している


と思われますが、いずれにせよこうしたCMの登場によって、消費者金融に対する漠然とした不安というものが払拭されるうえで一役買っていることは言うまでもないでしょう。

消費者金融でおまとめローンできるところはこの一覧にあるの?

消費者金融ではおまとめローン商品を大々的に宣伝はしておりませんが、総量規制に抵触する年収の1/3を超えても総量規制の例外によっておまとめローンの審査が可能になります。