消費者金融一覧

MENU

急な飲みのお誘いにお金がない

勤め先や近所のコミュニケーションとして、飲み会が催されることも多いと思います。前々から日程が分かっていれば、その日の為に想定出来る予算のお金を準備しておくことも出来ますが、

 

 

今日来れる?


なんて急なお誘いでは困ってしまうことも多いのではないでしょうか。給料日からまだ数日の間なら、この先の生活費を切り詰めていけば何とかなるかと思うことも出来ますが、逆にお給料日直前でお財布の中も空っぽな状態ならどうでしょう。

 

 

お金があれば断りたくないなぁ・・・


断ることも1つですが、大事な知人からのお誘いで断るのも気がひける、先々のことも考えるとどうしても出席しておきたいとお思いならば、消費者金融でキャッシングして対応することも1つの手段と思います。

消費者金融で即日融資を受ける手段とは?

既にキャッシングが可能な消費者金融や銀行のカードローンの契約をされていれば、最寄りのATMなどを利用することで対応することも可能ですが、初めてのキャッシング利用の場合、新たに契約申し込みをする必要があります。

 

 

カードを発行してくれる店舗迄取りに行く時間がないなぁ・・・


現在は、多くの消費者金融会社で「即日振込み」のサービスを受け付けています。

 

 

口座に振り込んで貰えばいいじゃないか・・・


キャッシングを利用するには、勿論厳しい審査を通らねばなりませんが、定職に就き安定した収入をお持ちの方で、当日必要な書類関係を揃えることが可能であれば、「借りたい」当日にキャッシングを利用出来る状況になる可能性は大きくなります。

即日キャッシングに必要な書類とは?

キャッシングの審査の中での必要な書類関係は、主に本人確認書類・収入証明書類となります。本人確認書類は、運転免許証や健康保険証で問題ありません。収入証明書書類は、源泉徴収票や住民税決定通知書の他、直近の給与明細などでもOKです。

 

 

直ぐに準備できない必要書類などはないのかなぁ・・・


給与明細の場合は、直近2ヶ月分の提出を求められる場合もあります。

 

 

収入証明くらいなもんだけど特に大きな金額でなければ不要な業者が多いじゃないか・・・


審査をスムーズなものとするならば、これら書類を用意した上で申し込みをするのがベストではありますが、急なキャッシングの申し込みに、運転免許証は携行していることが多いとはいえ、収入証明書類までは持ち合わせていない場合も多いでしょう。

時間帯で利用するサービスも違ってくる

消費者金融会社によっては、50万円を超えない範囲での契約の場合には後日の提出でも良いとしているケースも多いのは、安心材料と言えるのではないでしょうか。キャッシングを申し込み、審査が通れば「即日振込」をしてもらえる消費者金融会社は多々あります。

 

 

直ぐにでも振り込んで欲しいのですが・・・


午前中から、申し込みなどの動きを始めれば十分に間に合う可能性は高いと言えます。問題は一番多いと思われる、お昼休みから夕方に掛けてに受ける飲み会のお誘いに対してではないでしょうか?そんなケースの場合には、

 

 

最近話題のプロミスの「瞬フリ」サービスを利用するのがベストです!


Web契約で審査は最短30分、即日融資が可能な上に、三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座をお持ちの方であれば、平日・土日祝日の24時間いつでも振込依頼受付完了から最短10秒で融資が得られるというサービスです。

 

消費者金融へキャッシングの申し込みをし、これら即日・瞬フリなどのサービスを受けることが可能になれば、夕方に受けた急な飲み会への対応も可能になるかもしれません。また万が一の為にも出来れば運転免許証だけでなく、源泉徴収票のコピーなども携行されることをおススメします。

消費者金融一覧から絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関