消費者金融一覧

MENU

消費者金融で融資を個人事業主が受ける場合

個人事業主が事業のための資金として融資を受ける場合には、保証人や担保を準備する必要がある、時間が融資も審査もかかる、というようなイメージを多くの人が持っています。しかしながら、個人事業主向けやビジネス向けのカードローンの場合には、

 

 

事業資金を素早く融資してもらえるローンはないだろうか・・・


手続きが早い消費者金融系のサービスがあり、すぐにお金が必要な時でもスピーディな対応で行ってくれます。

 

 

お父さん、消費者金融のカードローンは利用すればどう・・・


融資を個人事業主が受ける消費者金融系のカードローンの場合には、

 

 

  • 取引先に対する支払い
  • 従業員に対する給料の支払い
  • 運転するための資金

など、いろいろな使途に利用できます。消費者金融系のカードローンの個人事業主向けのものは、もちろん借入が繰り返しでき、資金を今後調達する際にも役に立ちます。お金を個人事業主が借りる場合には、保証人や担保が原則として不要です。

一般的な事業ローンとの違い

融資を法人として受ける場合には、連帯保証人に法人代表者がなります。お金を自分の会社で借り入れ、保証人に自分自身がなるため、お願いを第三者にする必要はありません。しかしながら、法人と個人事業主の場合では、注意が少し必要になってきます。

 

 

保証人や決算書が必要ではないのか・・・


必要書類が、お金を個人事業主と法人で借りる際は違ってきます。例えば、法人の場合には、原則として2期分の会社の決算書や登記事項証明書が必要になります。一方、個人事業主の場合は、原則として確定申告書の2期分のものと本人確認書類が必要になります。

 

 

プロミスのカードローンなら保証人も決算書も不要だけど・・・


法人でお金を借りる際には、いくらか時間が手続きする場合にもかかることがあります。しかしながら、消費者金融系のカードローンを使って個人事業主が融資を受ける場合には、現金を素早く入手できます。

 

 

本当かぁ・・・


資金繰りが急な入金の遅れや支払いによって行き詰まった場合など、現金がどうしてもすぐに必要になった場合には、消費者金融系のカードローンの個人事業主向けのものを検討してみましょう。

 

 

プロミスのフリーキャッシングなら事業費でも利用できるし、お父さんは個人事業主なんだから本人確認書と確定申告書を提出すればいいのよ!


消費者金融系のカードローンの個人事業主向けのものは、来店不要で素早く借りることができますが、十分に返済に対しては注意しましょう。しっかりと返済のプランを立案して、無理が無いように借りることです。

消費者金融一覧から絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関