消費者金融一覧

MENU

消費者金融が銀行よりも金利が高くなる理由

消費者金融と銀行カードローンの平均的貸し出し金利は消費者金利が18%で銀行カードローンは14.5%です。

 

 

消費者金融と銀行カードローンの金利の違いに理由はあるのかなぁ・・・


消費者金融と銀行の業務内容の違い

消費者金融は小口生活資金を広く多くの方に早く貸し出しするのが業務ですが、銀行は大口資金を事業者や個人に貸し出して利息を得たり、振込業務や手形の取り立て業務や貸金庫、投資信託や国債の販売、保険の販売など多くの業務を行って手数料を得ています。

 

 

  • 消費者金融は主に銀行から貸し出し資金を借り入れています。
  • 銀行は広く預金を集めて貸し出し資金を確保しています。

そのため消費者金融は銀行へ金利を払って借入れるので安い金利で顧客に貸し出すことが出来ないのです。銀行は利子が安いため安い金利で貸し出しが出来ます。銀行の貸出先の属性としては主に事業者で何年も引き続いて取引をしている大口取引先が多いのです。

 

 

調達資金の出所が違うからなのね・・・


消費者金融の強みとは?

一方消費者金融は顧客の属性としては個人の小口生活資金を借りる人が多く、継続的取引をしている例は低く、その信用度は低いのが一般的です。しかし消費者金融の強みは銀行カードローンの金利は高く、審査にも時間がかかり2〜3日かかることもあります。

 

その点、消費者金融は即日貸し出しも可能で審査も銀行カードローンよりは容易です。だから急にお金が必要にった場合、消費者金融は顧客にとっては大変便利です。利息は利息制限法で、銀行も消費者金融も同じですが決まっています。

 

 

  • 10万円未満は20%
  • 10万円〜100万円までは18%
  • 100万円以上は15%

です。銀行カードローンは消費者金融業者に審査を委託しています。貸金業者は保証会社としての役割もありますので、もし不良貸し付けが発生した場合は消費者金融など貸金業者の負債となってしまいます。そのため消費者金融の金利は安くは出来ないのです。

 

 

安定した収入があって少額利用を早急に行いたい場合は消費者金融のほうがおすすめってことよねぇ・・・


もし貸出金が期限までに返済されなくとも金利は利息制限法を超えることは出来ません。消費者金融はどうしても返済期限を超えることが多いので貸し出し金利も高く設定せざるを得ないのです

消費者金融一覧から絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関