消費者金融一覧

MENU

住宅ローンと消費者金融の審査は関係ある?

消費者金融のカードローンを利用する場合には必ず審査を通過しなければいけません。その際に住宅ローンを利用していた場合に審査に影響があるのかといえば、

 

 

基本的に住宅ローンを利用していたとしても消費者金融のカードローンの審査には影響を及ぼすことがありません


消費者金融のカードローンの審査には総量規制と呼ばれる規制が関係してくることになり、その規制は

 

 

年収の三分の一を超える貸し付けを禁止する


といった内容になっています。住宅ローンの場合確実に年収の三分の一を超える金額になると言えますが、総量規制には例外や除外と呼ばれる規制の対象外となるローンがあり、住宅ローンに関してはその例外や除外に当たるローンとなるため、直接的に消費者金融の審査には影響を及ぼすことが無い仕組みとなっています。

住宅ローンを利用していて消費者金融のカードローンの審査に影響を及ぼすケースとは?

要するに住宅ローンを利用していたとしても何の障害にもなりませんし問題なく消費者金融は利用可能になるわけです。しかし住宅ローンを利用していて消費者金融のカードローンの審査に影響を及ぼすケースもあります。これに当たるのは

 

 

住宅ローンの支払いを延滞したり遅延したりして返済が正常に行われていない場合です。


この場合、延滞や遅延を行ったと言う情報は必ず信用情報機関と呼ばれる場所に記載されることになり、あまりにも酷い延滞や遅延を繰り返した事実は事故情報として記録されることになります。

 

この事故情報として記録された場合には、いわゆるブラックリスト扱いになってしまうため、新たなローンの利用が出来なくなってしまいます。

 

もちろん消費者金融のカードローンに関してもその新たなローンに含まれるため、住宅ローンを利用していた場合に事故情報となる行為を行ってしまった場合には、カードローンの利用が行えなくなってしまう為住宅ローンと総量規制の関係よりも遅延や延滞に注意をしなければいけないと考える必要があります。

 

いずれにしろ住宅ローンにより消費者金融の利用が出来なくなる場合もあることを知っておく必要があるでしょう。

消費者金融一覧から絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関