消費者金融一覧表

MENU

自分が証明できるものが本人確認書

お金を借りる行為を行う場合、自分が証明できないことには意味がありません。そのため借りる際には絶対身分証明書が必要となりますが、これは運転免許証か健康保険証があれば問題ありません。

 

運転免許の場合は本籍地の残っているタイプもありますが、このタイプは本籍地を隠しても問題はありません。今のタイプは記載されていないことが多いため、黒で塗りつぶす等の対策もしなくていいですが、必ずコピーを取るかスキャナで入れて提出しやすいようにしてください。

 

健康保険証はコピーさえ取ってしまえば書類として提出可能で、こちらの方が便利な場合も多いです。これに加えて収入証明書が必要となる場合があります。カードローンの場合は提出しなくていいケースも多く、そこまで気にする必要性はありません。

 

しかしキャッシングの場合は提出をしなければならないことが多いですし、大量に借りる場合はカードローンでも必要なことがあります。会社の給料明細や昨年の源泉徴収等を提出しておけば問題ありませんが、あまりにも見づらいものを提出しても駄目なので、鮮明に写っているかの確認はしてください。

 

また結構前の状態を提出しても全く意味はないので、必ず新しいものを出して信頼を得られるようにしてください。基本的に自分が証明できないようでは意味が無く、最低でも自分の身分くらいは証明することになります。

 

これに収入部分での証明が必要なら収入証明を出すこととなり、お金を持っていることをアピールすることとなります。

消費者金融一覧から絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関