消費者金融一覧表

MENU

仮審査と本審査

たいていの場合、仮審査を通過できれば本審査も通過することができます。しかし全ての人がこのようなステップを踏めるわけではありません。仮審査を通過しても本審査に通過しない人も中にはいるのです。

 

その原因はいくつか考えられますが、一番多いのは仮審査と本審査において申し込みの内容が異なるときです。例を挙げるなら仮審査の申し込み書に年収を正確に記入せず、本審査の申し込み書に正確な年収の記入と証明書の提出が求められた場合に内容の相違が発覚してしまいます。

 

また仮審査のときに勤続年数なども適応に記してしまう人がおり、このような人が本審査を通過できないことがあります。しかしこうしたことは単なるミスですので面倒な作業であっても正確な年収や勤続年数をきちんと調べることで問題を回避できます。

 

しかし中には審査を通過するためにわざと年収や勤続年数を上乗せして仮審査を行う人がいます。このような人はキャッシング審査を通過するために嘘をついていることになります。

 

また本審査の申込み時に正しい年収を証明することが求められるためにこのような嘘はすぐにばれてしまいます。それで正しい情報を提供することはキャッシングを行う際には必須です。

 

また本審査を行っているときに勤め先が倒産するといった不安要素が生じてしまった場合は仮審査に通過することができても本審査を通過できないことがあります。ときにはこうした予期せぬ出来事が影響することもあるのです。

消費者金融一覧から絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関