消費者金融一覧表

MENU

総量規制を知っておく

総量規制とは、平成18年に行われた貸金業法の改正に伴い平成22年から施行された制度です。その内容は、消費者金融などからの借り入れが年収の3分の1を超えてはならないというもので、借り過ぎや貸し過ぎを防ぎ、多重債務に陥り借りては返すという自転車操業的な返済に陥ることを防止する目的で制定されたものです。

 

1社からの借り入れ額が50万円を超える場合、または複数社からの借り入れの合計が100万円を超える場合には総量規制の適用を受けることになり、収入を証明する書類を金融会社の提出しなければならないのです。返済能力を超えた貸し付けが行われないことに重点を置いているのが総量規制の一番の目的です。

 

消費者金融のカードローンやクレジット会社のキャッシング、信販会社のショッピングローンなど、個人に対する貸し付けを目的としたものが総量規制の対象となります。これらの借り入れに対しては、金融機関は信用取引情報機関(いわゆるブラックリスト)への情報照会を行い、返済の遅延や滞納がないかなどの調査をされます。

 

一方で、総量規制の対象外の金融商品も有ります。一番有名なのが、銀行系のカードローンです。他の消費者金融などで年収の3分の1の借り入れをしていても、銀行系のカードローンで借り入れることは可能です。

 

また住宅ローン、自動車ローン、高額医療の貸し付けや個人事業者への事業資金の貸し付け、配偶者と合わせた年収が3分の1以下である場合などは総量規制の対象外となります。最近よく耳にするおまとめローンは、顧客に一方的に有利となる借り換えという扱いになり、現在の借入額よりもおまとめローンの方が金利が低い場合には例外として総量規制の適用外となります。

 

総量規制は借りる側の保護を目的としていますが、逆に借りたくても借りられない状況を作り出してもいます。しかし正常に返済をしながら生活を維持していく上で、借入額が年収の3分の1と言う規制はとても妥当な規制であり、それ以上の借り入れをしない生活を目指すことが大切です。

消費者金融一覧から絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関