消費者金融一覧

MENU

銀行カードローンと消費者金融の違いとは?

銀行と消費者金融の一番の違いは総量規制です。年収の3分の1を超えて融資をしてはいけないという総量規制のため、消費者金融は専業主婦など収入のない人への融資は行うことができません。

 

 

消費者金融を利用できないなんてどうしよう・・・


銀行は総量規制の対象外のため、収入のない人にでも貸すことができます。或いはすでに複数の業者から借入がある場合、この総量規制のために審査に落ちる可能性があるということです。

 

 

そんな時は銀行カードローンを申し込んでみることです!


金利については一般的に銀行カードローンのほうが低いとされています。反面、審査は銀行のほうが厳しくなります。例えば申し込んだ後、配偶者である夫の収入証明の提出や夫が会社に勤めているかを確認する在籍確認なども必要とする銀行があります。

 

なので、専業主婦が利用可能な銀行カードローンであってもそのような書類や在籍確認のない銀行でないと夫に内緒でというわけにはいきません。但し、パート主婦の場合では事情によっては勤務先に電話をかけられるのは困るという人もいることから、消費者金融の中には電話連絡以外の方法で在籍確認を相談できる業者もあるので消費者金融を利用する主婦も多いのです。

何故、銀行カードローンと消費者金融の金利やサービスが違うの?

銀行カードローンの金利は消費者金融よりも比較的に金利が安いです。その反対に消費者金融の場合の貸付金利は貸し倒れリスクも加味しているので金利が高く審査のハードルが低くなる傾向にあります。

 

 

銀行カードローンは金利が低いですが融資希望額の大きい申込者が多い為に確実に返してくれる人を選ぶということです。


銀行カードローンは総量規制の対象外であることや金利などでは銀行カードローンに分があるようですが、消費者金融はサービス面で銀行を凌いでいます。例えば、無利息期間サービスを設けている業者もあります。

 

また、即日キャッシングなど融資スピードが早いのは消費者金融のほうで即日対応できる環境を設けている業者が殆どです。銀行は保証会社に審査を委託していたり、その後も再度審査する銀行もあるので貸付け迄に時間がかかるのです。

 

 

緊急時の融資を受けるなら消費者金融だろうか?


借入や返済についても、振込みだけでなくコンビニのATMが使えたり、返済にはコンビニATMや口座引き落としができるなど

 

 

利便性の高さでは消費者金融のほうが優れています。


金利を優先するなら銀行カードローン、緊急時の融資やサービスなど使い勝手の良さを優先なら消費者金融ということが言えます。

消費者金融一覧から絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関