消費者金融一覧

消費者金融で即日融資できない場合

 

即日融資とは、その名の通り申し込んだその日のうちにお金を借りることができるというものです。即日キャッシングを受けようと考えた場合、多くの人がイメージすするのがアコムやプロミスといった消費者金融業者ではないでしょうか。

 

確かにこれらの消費者金融業者では、「即日融資」というものをひとつのテーマとしており、実際に多くの人が利用しています。そもそも消費者金融を利用したいと考える人の多くは、できるだけ早くまとまったお金を用意したいというニーズを持っています。そのため、即日融資が可能な消費者金融業者には高い人気があります。

消費者金融業者の即日融資スピード
- プロミス SMBCモビット アコム アイフル
申込 WEB申込あり WEB申込あり WEB申込あり WEB申込あり
審査 最短30分 ※最短30分 最短30分 最短30分
契約 WEB契約可能 WEB契約可能 WEB契約可能 WEB契約可能
振込融資 全銀システムの稼働時間拡大に対応して原則24時間振込融資可能 全銀システムの稼働時間拡大に対応して原則24時間振込融資可能 平日14:00までにWEB契約完了で可能※2 平日14:00までにWEB契約完了で可能

※ 審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2 楽天銀行の口座であれば24時間365日最短1分で振込可能なサービスあり。

 

さて、消費者金融業者の多くは「最短で即日融資可能」という表現をしていますが、これは場合によってはカードローンの即日融資ができないケースもあるということでもあります。

申し込んだ時間帯が遅い場合

まず、即日融資ができない可能性がある例としては、申し込んだ時間帯が遅い場合です。たとえばほとんどの消費者金融業者ではインターネットでの申し込みを受け付けており、この場合は基本的に24時間体制で受付が行われていることになります。

 

しかし、消費者金融の審査については24時間体制で行われているわけではありませんので、たとえば夕方や夜に申し込んだ場合にはその日のうちに融資を受けるということはおそらく不可能です。

 

また、インターネットで申し込んだ場合、消費者金融から借入金を受け取るための方法としては銀行振込が一般的な方法です。当然ながら銀行の営業時間内に融資可能な状態になっていなければ申し込んだその日のうちに融資を受けることはできません。

 

 

しかしこういった場合に自動契約機があります。


自動契約機なら即日カード発行が可能で、ネット申込後にカードを発行する事ができ、晩9:00ごろまで営業しています。

融資を受ける金額

 

時間帯とともに気をつけたいのが融資を受ける金額です。


即日融資を受けるためには、審査そのものの時間も短縮されなければならないのですが、高額の融資となれば当然ながら審査に必要な時間が長くなります。

 

その結果即日融資ができないという可能性もあります。

 

こうした理由から、消費者金融で即日融資を希望するのであれば、できるだけ早い時間帯で、少ない金額で申し込むことが基本的な方法となります。

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

page top