消費者金融一覧

おまとめローンをするうえで注意すること

 

おまとめローンは、複数から融資を受けている場合に利用すると便利なものです。これは、その名の通り複数ある借入先に対して返済を一本化するというもので、利用する側にとっては返済先が一本化されることによって計画的な返済を行うことができるというメリットがあります。

借入金額が大きいおまとめローンに金融業者も注目し始めた

利用者側にメリットがあるということで「おまとめローン」そのものをひとつの商品として展開している業者も最近では増えてきました。もともと「おまとめローン」そのものは消費者金融業者というものが一般的な存在となった頃より存在したもので、

 

 

インターネットによる申し込みや返済よりも長い歴史があります。


また、「おまとめローン」の仕組みは一種の「借り換え」ですので、基本的なノウハウは通常の融資と同じという考えから商品のひとつとして取り扱っているところがあるといえます。

総量規制の施行以来諸費者金融のおまとめローンが変わった

おまとめローンを商品として取り扱っている業者を利用する際に確認しておくポイントとしては、既存の借入先との連絡や折衝について業者で対応できるかどうかという点です。総量規制では、

 

 

消費者金融は申込者に対して年収の1/3以上貸すことはできなくなりました。


ですので一旦既存借入額おまとめする金額で借入額が倍になってしまう借り換えでは、消費者金融では法律上貸すことができなくなるのです(おそらく何週の1/3は超えてしまうである為)。

 

例えば銀行のカードローンでおまとめする場合(レイクのおまとめローンのような総量規制対象外の銀行カードローンでの場合)は総量規制を気にする必要はありません。ですので消費者金融でおまとめローンをする場合は、

 

 

総量規制の例外を適用した借り換え商品のある消費者金融じゃないとおそらく審査は通りません。


返済先を一本にまとめるためには、既に借入を受けている業者に対して一度は返済しておく必要がありますので、そのための連絡をはじめ、返済の手続き等を対応してもらえるかどうかというのは非常に重要となります。

 

これも総量規制の例外を適用した借り換え商品のある消費者金融であれば、自動的にその金融業者が立替返済する事になり、債務者は完済に向けて集中する事になります。

おまとめローンの注意事項

また、対応可能だった場合でも、その際に手数料が発生したり、対応できる上限の金額が定められているケースもありますので、このあたりについてはおまとめローンを利用する業者に対して個別に確認しておくと良いでしょう。

 

業者間で対応できない場合については、実際の手続きの流れについてしっかりと確認しておくことが大切です。いずれにしても、おまとめローンを業者に依頼する場合には、いつから返済先が一本化されるのかという点はもちろんのこと、既存の借入先に対して完済されたかどうかについても改めて確認しておきましょう。

 

返済先が一本化できるおまとめローンだけに、スムーズに移行できるような方法を考えるのも必要です。

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

page top