消費者金融一覧

専業主婦がお金を借りるのに知っておくべき総量規制と配偶者貸付

 

専業主婦は貸金業者では総量規制により借りれない?

貸金業法の改正により、個人でのお金の借り入れには年収の3分の1までと言う規制が法律で制定されました。この総量規制の規定により、収入のない専業主婦はお金の借り入れが出来なくなっています。

 

特に金融会社は総量規制の対象となるため、専業主婦への貸し付けは審査すら受け付けてもらえないのが現状です。

総量規制にも例外がある

しかし総量規制にも例外はあります。

 

 

それが配偶者貸付という制度です。


 

配偶者貸し付けとは夫婦の年収の合計額の3分の1までの借り入れが出来る制度で、専業主婦がお金を借り入れることの可能な制度です。配偶者貸し付けを利用するためにはいくつかの書類を提出しなければいけません。その書類とは、

  • 配偶者の同意書
  • 住民票または戸籍謄本
  • 配偶者の収入証明書

の3種類です。ただこの制度を利用すればどこの金融会社でも審査を受け付けてくれるわけではありません。特に消費者金融では、確認の手間やコストが多いため、配偶者貸付制度を縮小したり中止している業者も多く、審査もかなり厳しいものとなっています。

 

編集部の調査では、現状ベルーナノーティスという消費者金融のカードローンでは配偶者貸付を行っているようですが、申込は少ない若しくは同意書がいることを知ると申し込みキャンセルする方が多いようです。

銀行は総量規制の対象外

それでは専業主婦が借り入れをする方法は全くないのかと言えば、それも違います。総量規制の対象となるのは消費者金融であり、銀行系はその規制の対象外となります。

 

つまり年収の3分の1までという規制を受けない為、いくつかの銀行は契約者に収入が無くても配偶者に収入があれば貸し付けをしてくれるのです(一部の銀行は本人に収入が無ければ貸し付けをしないところもあります)。総量規制対象外の銀行であれば、

 

 

配偶者の収入証明書や同意書が無くても借り入れの申し込みをすることが可能でした。が、過去の話です。


 

総量規制施行以来、自己破産者は減少の一途を辿ってきましたが、銀行カードローンが消費者金融に取って代わっただけですので、また自己破産者が増加したのです。

 

それにより金融庁が銀行カードローンを規制し、自己破産者増加の一因でもある専業主婦への貸付も制限し、現状大手銀行カードローンは専業主婦への貸付は行っていません。

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

page top