消費者金融一覧

学生が消費者金融で借りることができる金額はいくらまで?

 

学生が消費者金融で借りることができる金額の目安

消費者金融で融資を受けるために行われる審査では、おもに申し込んできた人の返済能力を確認します。そのうえで融資可能な金額を決定するのですが、この融資可能な金額については申し込んできた人の状況によって異なります。

 

 

姉ちゃん消費者金融は学生でも利用できんのかい?


たとえば学生の場合ですが、ほとんどの消費者金融では学生でも条件を満たせば融資を受けることができます。

 

 

あんたバイトしてんだから借りれるけどたくさんの金額は期待しない事ね。


その際に借り入れることができる金額としてはひとつの消費者金融業者につき10万円がひとつの目安となっています。もともと消費者金融の場合は総量規制の関係から年収の3分の1が融資可能な上限となっていますので、

 

 

姉ちゃんが貸してくれないから聞いてんだけどなぁ・・・


アルバイトで収入を得ている学生といえどトータルの年収で考えると融資可能な金額はそれほど多くはありません。

学生の優遇措置はありません

次に学生が消費者金融で融資を受ける場合の条件ですが、20歳以上で安定した収入を得ていること、という点に変わりはありません。また、融資を行ううえでの利用条件についても

 

 

学生だからといって低い金利が適用されるといった優遇措置もありません。


このことからも消費者金融は学生だからといって区別をしないことがわかります。ここで注意したいのが「安定した収入」の中身です。ここでのポイントは学生アルバイトの場合勤続期間が短い可能性があるという点です。

アルバイト収入ではここに気をつけたい!

消費者金融が収入の安定性を確認する際には、どれだけの期間その仕事をしているのか、という点を重視しており、まだそのアルバイトに就いて間もない場合などは審査に通らない可能性があります。

 

 

ところであんた、バイトしてどのくらい経つの?


学生の場合はアルバイトで毎月一定の収入を得ていればそれで問題ないと思われがちですが

 

 

その点は心配ないよ。1年以上働いているし平日は毎日5時間以上働いてる・・・


学生といえど消費者金融の審査では「在籍確認」が行われます。勤続期間が短い状態では勤務先の中で「その人が働いている」という事について認識がされていないケースもあり、そのような状態で在籍確認が行われても収入が不安定と判断されるかもしれません。

 

学生が消費者金融に融資を申し込む場合には勤務先の勤続期間についても注意しておきたいところです。

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

page top